メディカルパパ〜日本健康愛〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。日本全国に健康愛を。

スポンサーリンク

楽しむことであなたが変われる瞬間。ウォーキングの歩き方(姿勢)

 

f:id:evolution8383:20191106194800p:image

ウォーキングを楽しむことであなたが変われる瞬間が訪れます。

 

それは、楽しむ=前向きになるということです。

 

前向きに続けていくことで考え方や取り組みも変わってくることでしょう。

 

そのためには、ウォーキングの歩き方(姿勢)を学んでみませんか?

 

ウォーキングは、一見簡単そうにみえますが、実は正しい方法で行わないと、ひざや足首などを痛めたりしてしまう可能性があります。

 

今から私が姿勢から歩き方まで正しく書いて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

また、ウォーキングを長く続けるためにちょっとしたこだわりをご紹介します。

ウォーキングの基本

はじめに、ウォーキングの基本からお話していきます。

 

ウォーキングと言えば、

『手軽にできるダイエット』

とよく言われています。

 

その代表的なダイエット部位が『脚痩せ』。

 

では、脚痩せがどのようにして起きるのか?

 

正しいウォーキングをすることで、効率の良い有酸素運動を行うことでできます。

 

有酸素運動は主に糖質と脂肪を使います。 

 

有酸素運動を比較的長い時間(20分以上)行うことで、ゆっくりと分解代謝される脂肪がエネルギー源として向い、脂肪が燃焼されていきます。

 

この脂肪燃焼を繰り返すことで脚をスッキリと細く見せることにつながるのです。

 

それでは、ここからは実際にウォーキングをする際の基本の歩き方をご紹介します。

 

姿勢や歩き方、呼吸法まで動画で詳しくみていきましょう!

 

姿勢

 

正しい姿勢は、壁を使って意識してみましょう。

 

歩き方

 

正しい姿勢を見てまま、体幹を意識しましょう。

 

ポイントは3つ!

  1. 丹田
  2. 肩甲骨
  3. 骨盤

 

呼吸法

 

呼吸法で意識するのは腹式呼吸です。

 

腹式呼吸を行うことで、十分な有酸素運動を行うことができます。

 

腹式呼吸が分かりにくい方は下記の動画を参考にどうぞ。

 

ウォーキング効果

ウォーキングの効果は、「脂肪燃焼」「血流改善」「病気の予防」など。

 

下半身の大きな筋肉を使うため、血流がよくなり美肌やむくみ解消、低体温改善なども期待でき、脚痩せ効果につながります。

 

病気の予防として代表的なものを以下にあげます。

 

高齢になると必ずついて回る病気ばかりですね。

 

予防=長生きのコツ

 

予防を続けていつまでも長生き。

 

ウォーキングを始めて効果を実感しましょう!

 

グッズにこだわろう

まずはグッズを揃えることでウォーキングに取り組もうという気持ちを作ってみましょう!

 

お気に入りの服装やシューズを揃えて気分を上げていきましょう。

 

ただし、機能性もしっかりと重視しましょうね。

 

また、暗い夜道をウォーキングされる方はリフレクター(反射板)やライトなどを使って相手にウォーキングをしていますよとアピールをすることも大切です。

 

心がけましょう。

 

ちなみに私がオススメするグッズもご紹介します。

 

私が使っているものはadidasばっかりです。

 

通気性の良いTシャツ

薄手のウィンドブレーカー

ウォーキングシューズ

 
私のadidas愛は止まりません!
 

好きな音楽を聴いてLet’s walking.

気分を落ち着かせるような音楽には、自律神経の活動を調整し、特に副交感神経活動を高める効果があります。

 

ある研究チームによると、音楽を聴くと副交感神経の活動が高まり、リラックス効果を得られることを証明しています。

 

また、音楽を聴きながら運動をすると、心臓の動きが安定し、心臓病の予防につながります。

 

あなたが運動によるストレスをためないためにも、音楽を聴きながらウォーキングを行うと効果的だと言えるでしょう。

 

私が普段聴く音楽はコレです。

÷ (Deluxe)

÷ (Deluxe)

  • エド・シーラン
  • ポップ
  • ¥2241
x (Deluxe Edition)

x (Deluxe Edition)

  • エド・シーラン
  • ポップ
  • ¥1731

 

エドシーランは車の運転でも聴いています。

 

あなたの好きな音楽はなんですか?

 

まとめ

いかがでしたか?

 

たかがウォーキングですが、その一歩が人生を変えるかもしれません。

 

少し大げさかもしれませんが、スポーツにはそれくらいの力があると信じています。

 

運動してダイエット効果を得て、美しくなった自分を想像してみてください。

 

自信に満ちて輝いていることでしょう。

 

そんな想像の自分を現実にすることができるのは、あなただけです。

 

この記事を読んだことも、何かのきっかけと思って、トライしてほしいと思います。

 

まずは週に2〜3回程度から始めてみましょう。