メディカルパパ〜日本健康愛〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。日本全国に健康愛を。

スポンサーリンク

【リニューアル】光目覚ましinti4sは起きて浴びることが大事

投稿日:2019年10月21日

f:id:evolution8383:20191021221837p:image

たけしのニッポンのミカタ!】で紹介されました

 

inti4s(インティ4s)をご存じてますか?

 

今やテレビに引っ張りだこのinti4s。

 

inti4sの照度は、部屋に差し込む朝日と同等の最大2万ルクス(1cm)あります。

 

また、inti4は朝日が昇る様子を再現することができます。


徐々に明るくなる光は、眠りのスイッチから目覚めのスイッチに自然にシフトしてくれます。

 

朝から太陽と同等の光を目から取り入れることで活性化されたセロトニンは、「覚醒」「心の状態」「自律神経のバランス」「姿勢筋・抗重力筋の緊張促進」「痛みの調整」に影響を与えます。

太陽の光と同等のinti4sは起きて浴びることが大事

もう一度言わせてください。

 

太陽の光と同等のinti4は起きて浴びることが大事なんです!

 

inti4sは起きたあと、「inti4s」で目覚めるのではなく、起きてから浴びることを続けてください。

 

起きれない状態では、目覚まし時計として使うのは時期尚早です。


朝5分以上必ず光を浴びる。


毎日欠かさず浴びる。


昼間時間が過ぎてあれば浴びる。


読書しながら、テレビを観ながらでもOKです。

 

ブルーライトが生体リズムを整えるのは科学的根拠があるので、睡眠改善協議会の睡眠専門家の講師の方々みなさんが、光を浴びることを徹底的に推奨されていました。

 

ただし、浴びていいのはおやつの時間帯、15時まで。


遅い時間だと、夜の睡眠を阻害してしまい悪循環になってしまいます。

 

夜就寝前はお部屋を暖色系の光にして、自然に眠くなる環境を作っていけばぐっすり質の良い睡眠をとることに繋がります。


ぐっすり眠る=すっきり起きる  

 

これは人間なら誰もが同様です。

 

理想の起床時間の目標に向かって1日30分ずつ位起きる時間を早めていけるといいですね。


「ゆっくり焦らず」「見守ること」がお子さんにとって、安心して一日を過ごすことが大切なことなのです。

 

出来れば2~3回でも結構ですので、親御さんも使ってみられてください。


光の力は毎日毎日継続してお使いいただくことで
「あれ?そういえば・・・」と実感できる日がくるはずです。

 

思春期に多い起立性調節障害をご存知でしょうか

朝、起き上がり身体を縦にすると、重力の影響で身体中の血液が下半身に移動してしまい、脳への血流は著しく低下してしまうことになります。


しかし、本来であればそのような現象は起こらないのです。


もともとそのような現象を防ぐために、身体の機能としてちゃんとシステムが備わっているからです。


通常健康な人の場合、脳の視床下部と自律神経からの指令により、下半身の血管が強く収縮し下半身への血液貯留が制御されるため、脳への血流が確保されると言えます。

 

この自律神経システムがうまく働かず、立ち上がった時に脳への血流不足が起こり、立ちくらみやめまいなどの症状がおこることが「起立性調節障害」といいます。


起立性調節障害を悪化させる原因の一つに精神的ストレスがあります。

 

ストレスが加わって不安が形成されると自立神経のバランスが崩れてしまうからです。

 

一般的に知られていない「起立性調節障害


しかしながら、思春期の中学生の10%がこの「起立性調節障害」を抱えているそうです。

 

起立性調節障害を語る上で、欠かせないのが「自律神経」


自律神経の乱れから、朝起きられなかったり、夜になると元気になったりすると言われています。

 

  • 朝起きると頭が痛い
  • 起き上がるのがつらい
  • 学校に行けない
  • 夜になるとなぜか元気

 

お子さんのこの訴えは、決して怠けやサボりではないことを理解してあげてください。

 

自律神経の乱れを整える、最大のカギとして最も大切にしていただきたいのが「朝日を浴びること」


朝日を浴びることで天然の目覚め成分「セロトニン」の分泌が活発になります。

 

この「セロトニン」とは

気分調節・運動機能・記憶力・学習能力など

 

感情的情報をコントロールしたり、胃腸の働きや、眠りと目覚めのサイクルなど人間が生きるために必要なシステムをコントロールしてくれます。

 

セロトニンは心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、『幸せホルモン』とも呼ばれているのはご存知でしょうか?

 

また、セロトニンは12時間から14時間後には眠りの成分である「メラトニン」にかわり質の良い眠りを得られると言われています。

 

このサイクルこそが、体内時計を整え、自律神経を整えることがカギとなるのです。

 

inti4を使用したみなさんの声

商品を知ってすぐに購入しましたか?

高額なので、また、普通の目覚まし時計で起きることができるので必要ないと思っていましたが、息子がプレゼントするからと購入してくれました。

今となっては手放せません。

 

実際に使用してみての感想は?

朝スッキリ目覚める気持ちよさと、一日の充実感を身を持って知ることができ、心よりお礼申し上げます。

一人でも多くの方にインティの素晴らしさをお伝えしようと思います。

 

起立性調節障害に悩まされていた高校生

お陰様で娘は朝一より活動できるようになりました。

2週間前より朝7時に起床して二度寝することなく身支度ができるようになっています。

遅くに帰宅すると寝落ちもしています。

intiを導入して2週間で急速に睡眠が改善しています。

1週間前から薬の内服も自然と休止になり現在はintiのみで睡眠状態を維持しています。

思い切って購入させて貰って良かったと思います。

 

今までの人生を返してほしい

朝起きることでできずに、悩んでいました。

inti4を見つけて、この手があったかと思ったのですが、でもなんか、実際うさんくさい、みんなのレビューいいことしか書いてないじゃん、ほんとなのー??

半信半疑ですが、思い切って買ってみました。

待ちに待った朝。

明るいと思い自然と目が開きました。

その後、いつもの携帯のアラームがなり、アラームに勝った!と喜び、意識がはっきりしていて二度寝せず起きようと気持ちになりました。

これを母と父にもプレゼントしようと思います。

 

自信があるから3ヶ月返金制度

必ず読んでください

 

3ヶ月というのは、継続使用することで体内時計が整うまでに必要な期間として長くかかる方を目安にして設定してあります。


もちろん、数日で実感される方もいらっしゃれば、半年以上かかる方もあるように、個人差があります。


まずは、このことはぜひお子様としっかりお話してください。

 

朝、室内で太陽と同等のinti4の光を浴びて腹式呼吸で深呼吸を10回行うだけでも体中の気が巡り始めるように、光の力は人間の自然治癒力を高める活力を与えてくれます。

 

起立性調節障害は思春期の中学生や高校生のように、こころの成長段階の年齢で多く見られるといいますので腫れ物に触るような対応は必要ないと思いますが、病気によって起きられないことで、心が重く感じていらっしゃることもあるかもしれません。


起きられないことを責めるのではなく、起きられることを同じ目標とし、できるだけ心情に寄り添ってじっくりと対話していくことが大切だとわたしは思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

inti4sに興味を持っていただけたでしょうか?

 

inti4sはあなたの生活にきっと役に立ってくれることでしょう。

 

わたしの嫁も朝が苦手で起きれないので買ってあげようと思います!

 

購入された方は是非

 

わたしに感想を聞かせてください!!

 

お待ちしてます!