メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。また、健康に関する情報も発信しています。

スポンサーリンク

すぐに足が速くなるコツ!運動会で目立とう!

 

f:id:evolution8383:20190823212606p:image

元陸上部の私が、足が速くなるコツをご紹介します。

これでも一応、小学校、中学校、高校では、対抗リレーに必ず出ていました。

アンカーもよくやっていました。

 

私が教えるポイントは3つ。

他のサイトでも書いてあることが多いのがこの3つでもあります。

 

  • 『姿勢』
  • 『腕(うで)』
  • 『膝(ひざ)』

 

これらを意識することですぐに足が速くなります。

 

※このサイトを見ている方が親の方へ。

親が押し付けでコツを教えないようにしましょう。

自分の子供が速く走りたいと思った時に手を差し伸べないと逆効果になります。

 

また、小さい頃から筋トレはさせないようにしましょう!

 

成長の阻害になります。

 

これらを踏まえて以下をお読み頂けるとうれしいです。

スタート時のコツ

【スタートの姿勢】

スタートの姿勢でよくみるのは、スタートラインに出している足と手が一緒になっていること。

f:id:evolution8383:20190824221037j:image

これは、スタートダッシュがまず遅れますので、注意しましょう。

 

では、大切なスタートダッシュが速くなるコツを教えます。

 

スタートラインには、左足を前に、右足を後ろに引いて立ちましょう。

f:id:evolution8383:20190824221250j:image

 

次に姿勢は真っ直ぐに、やや前かがみに立つとよいです。

f:id:evolution8383:20190824221505j:image

 

走っている時のコツ

f:id:evolution8383:20190824221541j:image

【腕の振りは大きく】

腕を振る時は、肘を90度に曲げ、大きく速く振りましょう。

振る時は、前よりも後ろに大きく振ると、胸が張れ足に自然と力が入ります。

 

また、手のひらは〝パー〟にしましょう。

 

自然と上半身の力が抜け、足に力が入りやすくなります。

 

【地面を蹴る意識は間違い】

速く走るために地面を強く蹴って走ろうとするのは間違いです。

 

これでは、タイムは落ち、フォームは崩れてしまいます。

 

蹴ることを意識するのではなく、意識するポイントは〝〟です。

 

膝を曲げて斜め上に上げるように意識しましょう。

f:id:evolution8383:20190824223314j:image

 

やってみて難しい場合はスキップをやりましょう。

 

スキップは、膝を高く上げて、前に出すことを意識しますよね?

 

膝を曲げて上げることで反対の足は自然と地面を蹴って走らことができます。

やってみましょう。

 

また、走る姿勢は、真っ直ぐです。

f:id:evolution8383:20190824223623j:image

その他

かかとを上げて走るのは正しい?

かかとを上げて走るのは高校生からにしましょう。

かかとを無理に上げて走ると、〝シンスプリント〟というふくらはぎの痛みが起き、数ヶ月は走れなくなります。

 

私は、高校1年の始めに短距離の試合に出るためにかかとを上げて練習をしていたところシンスプリントになりました。

 

高校1年では、筋肉もまだ発達しておらず、

無理に負担がかかってしまいしばらくは走ることも出来ず苦労しました。

 

小さい頃はかかとを上げなくても十分に速く走ることは可能です。

 

無理に体を使いすぎないように心がけましょう。

 

顔は真っ直ぐゴールを見る

疲れてきたり、前に前に進もうとして顔を上げたり、頭を左右に振ったりすることありませんか?

 

顔を上げても、頭を左右に振っても足は速くなるどころか遅くなります。

 

ゴールをしっかりと見て姿勢良く走ることを心がけましょう!

 

靴紐の結び方を学ぼう

走る時に靴が足にフィットする靴紐の結び方って知ってますか?

 

知らない方がほとんどだと思います。

 

その名は〝ダブルアイレット〟です。

 

このダブルアイレットは、かかとがずれにくく自然と走ることを目的とした結び方です。

 

f:id:evolution8383:20190824225621j:image

1.まず始めに足先から順に足にフィットさせるようにして縛っていきます。

 

1箇所に偏りがないように気をつけましょう。

 

f:id:evolution8383:20190824230014j:image

2.足首に近い2箇所の穴は輪っかを作りますので紐を通さないようにします。

 

f:id:evolution8383:20190824230115j:image

3.2つの穴の外側に輪を作ります。

これを左右行いましょう。

 

f:id:evolution8383:20190824230133j:image

4.左右の輪に反対側のひもを上から通し締めます。

 

f:id:evolution8383:20190824230143j:image

あとは真ん中で結んで完成です。

 

慣れるとあっという間に出来ます。

是非やってみましょう。

 

【まとめ】

いかがでしたか?

 

これであなたも運動会でヒーローになれます。

 

速く走れることは、自分に自信がつきます。

是非やってみてください。

 

走る前の準備運動はお忘れなく。

 

f:id:evolution8383:20190823214001j:image