メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。また、健康に関する情報も発信しています。

こども(小児)に多くみられる骨折は6つ。原因と特徴を理解しよう。

 

f:id:evolution8383:20190323154243p:image

上腕骨骨幹部横骨折

原因

  • 投球骨折
  • 腕相撲骨折

 

※上腕骨に大きな捻じれる力が瞬間的に加わることで発生することが多いです。

 

合併症

  • 橈骨神経麻痺
  • 遷延治癒骨折
  • 偽関節

 

※橈骨神経は、腕神経叢の1つに当たります。

腕神経叢については、下記の記事にまとめていますので、ご参考にどうぞ。

 

橈骨神経麻痺は、

肘を伸ばす筋肉や手首をそらす筋肉、指を伸ばす筋肉、手のひらを返す筋肉の活動が不十分となります。

 

この上腕骨骨幹部横骨折では、上腕骨より遠位に障害を受けるため、手首をそらす筋肉や指を伸ばす筋肉、手のひらを返す筋肉の活動が不十分となることがあります。

 

手首をそらす筋肉や指を伸ばす筋肉の活動が不十分になると、下垂手となります。

 

手のひらを返す筋肉の活動が不十分と、

橈骨神経麻痺の中の後骨間神経麻痺に当たります。

 

後骨間神経麻痺では、回外筋症候群が見られます。

 

この症候群になると、手のひらを返す回外筋の活動が不十分となるわけです!

 

※遷延治癒骨折とは?

遷延とは、治りにくく長引くということです。

 

上腕骨顆上骨折

好発年齢:5〜10歳

 

原因

ほとんどの例が転んで手をついたり、鉄棒やうんていから落ちて肘が反ることで骨折することが多いです。

 

合併症

合併症は後遺症が多く見られるようです。

 

  • 橈骨神経麻痺
  • 正中神経麻痺
  • 尺骨神経麻痺
  • フォルカマン拘縮(阻血性拘縮)
  • 内反肘

 

 ※正中神経麻痺

正中神経麻痺で見られるのが、円回内筋症候群手根管症候群です。

 

円回内筋症候群と手根管症候群は、検査であるティネル徴候やパーフェクトO(ティアードロップサイン)が陽性となります。

 

円回内筋症候群と手根管症候群は、共に猿手が見られます。

 

※尺骨神経麻痺

尺骨神経麻痺で見られるのが、肘部管症候群ギヨン管症候群です。

 

肘部管症候群とギヨン管症候群は、検査であるFroment徴候が陽性となります。

 

肘部管症候群とギヨン管症候群は、共に鷲手が見られます。

 

上腕骨外顆骨折

原因

肘関節の外側に強い外力がかかったり、肘が内側にひねられることにより骨折が起こります。

 

合併症

  • 偽関節 
  • 外反肘

 

※外反肘により、遅発性尺骨神経麻痺が起こることがあります。

 

Monteggia骨折

原因

パターン1

肘関節伸展位+前腕回内位で、

橈骨前方脱臼+尺骨骨折後方転位

 

パターン2

肘関節屈曲位で、

橈骨後方脱臼+尺骨骨折前方転位

 

合併症

  • 橈骨神経麻痺

 

大腿骨骨幹部骨折

原因

強い外力で生じる骨折です。

例えば、交通事故や転落です。

 

合併症

  • 骨折後の仮骨形成によって脚長差が生まれます。
  • 坐骨神経麻痺

 

大腿骨頸部内側骨折

原因

強い外力で生じる骨折です。

例えば、交通事故や転落です。

 

また、高齢者でも大腿骨頸部骨折は見られます。

 

合併症

  • 内反股
  • 偽関節
  • 骨頭壊死(脂肪塞栓)

 

骨折の平均治癒目標

《Gurltによる分類より》

  • 中足骨:2週
  • 肋骨:3週
  • 鎖骨:4週
  • 前腕骨:5週
  • 上腕骨骨幹部:6週
  • 脛骨、上腕骨頸部:7週
  • 両下腿骨:8週
  • 大腿骨頸部:12週

 

骨折の平均治癒目標は、国家試験でも出ることがありますので覚えておきましょう!