メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。また、健康に関する情報も発信しています。

www.bing.comからのアクセスが急増する理由は...

www.bing.com

Bing(ビング)とは、Microsoftが提供する検索エンジンのこと。

 

「意思決定エンジン」というコンセプトを掲げ、他の検索エンジンとの差別化を図っているようです。

 

2010年7月にBing日本語版の正式サービスが開始されました。

 

siriの検索で使わているのはBingだったりするみたいですよ?

 

googleのサーチコンソールに登録するように、Bingのウェブマスターツールにも登録することでBingの検索エンジンにサイトの存在を知らせることができます。

 

するとBingからのアクセス流入も増え、アクセスアップに繋がります。

 

 

下記のサイトを元に登録しました!

【図解】はてなブログをBingウェブマスターツールに登録する方法 | チームトラベラー-海外旅行・世界一周のバイブル-

 

登録する前と後でどう変わった?

 

登録する前から2%のアクセスがありました。

わかりやすく言うと100人に2人のアクセスがあるということです。

1000人になると20人と言う計算になりますよね?

 

この1人1人が2ページずつ観たとすれば

数字は倍になります。

 

こうなってくるともったいなくありませんか?

 

では、登録したらどうなったか?

 

 

それは、なんと10%へ増加!

 

1000人に100人は見てくれているという計算になりますよね?

 

これを2倍したら200PVですよ?

 

これは、登録して損なしです!

 

 

意外と上位に浮上しやすい

これはわたしだけなのかな?

とか考えて検索件数を比較してみました。

 

検索名は『股関節』にしてみました。

それではみてみましょう!

 

 

まずは、Googleさんから

f:id:evolution8383:20190225220753j:image

検索をすると2490万件がヒットしました。

 

なかなかの膨大な量ですね!

 

 

次にBingさんはと言うと?

f:id:evolution8383:20190225220740j:image

なんとなんと!?

344万件ですって!

 

 

Google検索数の約1/7ですよ!

 

 

これは凄い数字が出ました!

 

これだけ検索数に差があるので

普段検索されにくい記事が検索されたり、

Googleで上位に入っている記事は

Bingで当たり前のように上位に入っています。

 

登録したくなりましたか?

 

みなさんもやってみる価値ありです!