メディカルパパ〜日本健康愛〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。日本全国に健康愛を。

スポンサーリンク

左心不全・右心不全の所見やNYHA分類、レジスタンストレーニングについて

 

f:id:evolution8383:20190322204305p:image

 

ãå¿è 解åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

心臓負荷

前負荷(容量負荷)

前負荷とは、心臓が収縮する直前に心室容積が大きくなり心室にかかる負荷のこと。

 

心室容積が大きくなるということは心筋がより引き延ばされているということです。

引き延ばされることで、スターリングの法則に従って心筋はより強く収縮し、心室はより多くの血液を動脈内へと駆出します。

 

心室流入する血液が多いほど前負荷は大きくなり、心筋は強く収縮する必要があります。

 

後負荷(圧負荷)

後負荷とは、心臓が収縮を開始した直後にかかる負荷のこと。

 

心室では大動脈圧、右心室では肺動脈圧です。

心不全では、心臓の収縮力低下を補うために交感神経系およびレニン-アンジオテンシン系が活性化します。

これが血管収縮と血液量の増加を起こすので、前負荷・後負荷ともに増大し、心臓にかかる負担が増大し、かえって心臓の状態を悪化させる悪循環が起きます。

 

良い面もあれば、悪い面もあるということです。

 

心不全の合併症

急性

 

慢性

  • 心臓病
  • 糖尿病
  • 加齢

 

心不全の所見

静脈血のうっ血が主体。

  • 胸水
  • 腹水
  • 下腿浮腫

(静脈血の渋滞により特に下肢に貯留されやすい→いずれは尿量減少につながる)

  • 頸静脈怒張

(ギャッチアップ45度で陽性となる)

  • 肝腫大

  下大静脈に合流する冠静脈の血圧上昇

 

※左心不全に続発して生じる形が多い。

心不全のみに起こすのは

①肺性心、②肺梗塞があります。

 

心不全の所見

【心拍出量低下による症状】

  • 血圧低下
  • 頻脈
  • チアノーゼ
  • 四肢の冷感
  • 腎血流の低下(尿量減少)
  • 意識レベルの低下

     (脳血液量低下によるもの)

 

【左心房圧上昇による症状】

  • 肺うっ血
  • 肺高血圧
  • 胸水
  • チェーンストークス呼吸
  • 断続性ラ音

     (初期には下肺野で聴取。進行すると肺野上部へ広がる)

  • 肺水腫による労作時呼吸困難や起坐呼吸、湿性ラ音がみられる

 

※起坐呼吸とは、寝て呼吸するより坐って呼吸する方が楽になるから注意してね。

 

【胸部X線画像】

  • 肺うっ血
  • 心陰影の拡大
  • Kerley’s B line(肺水腫の所見)

 

心疾患に対するレジスタンストレーニング

  • 2~3回/週の頻度
  • 全身の筋群を使用する運動を優先
  • 下肢の運動は1RMの50~60%の負荷量から開始
  • 上肢の運動は1RMの30~40%の負荷量から開始
  • サーキットトレーニングは5~18種類(10分を1~3セット)

 

※サーキットトレーニングでは、バルサルバに注意をしましょう。

 

NYHA分類

ãnyhaåé¡ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

上記のではなかなか覚えにくい。

そんなあなたの為に、簡単にしました。

 

Ⅰ:坂道を走ってゼイゼイ

(7METs以上可能)

Ⅱ:坂道を登ってゼイゼイ

(5~7METs)

Ⅲ:平らな道でゼイゼイ

(2~5METs)

Ⅳ:家でじっとしていてもゼイゼイ

(2METs以下)

 

心不全の運動強度は下記のように設定しましょう。

NYHAⅠ~Ⅱ:係数0.4~0.5

NYHAⅢ:係数0.3~0.4

 

 

必ずしもすべての人にその係数が当てはまるものではありませんので、

注意深く評価してくださいね。