メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。また、健康に関する情報も発信しています。

【解剖・生理学】大脳・脳幹・小脳の構造や働きを考えよう。-脳幹編(橋)-

 

f:id:evolution8383:20190315125044p:image

脳幹の1つ、橋の構造と働きについて始めていきます!

 

f:id:evolution8383:20190117191500j:image

 

橋被蓋部

三叉神経-Ⅴ

運動神経と感覚神経支配

運動神経:咀嚼筋(咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋、側頭筋)、鼓膜張筋

感覚神経:舌前2/3(第3枝の下顎神経)、顔面の感覚

 

※角膜反射で活躍!

①角膜を刺激

②角膜から第1枝の眼神経を介して橋へ

③橋の顔面神経が刺激され

④顔面神経支配の眼輪筋が収縮

⑤目を閉じる

 

外転神経-Ⅵ

運動神経支配のみ

運動神経:外眼筋の1つ(外直筋)

 

顔面神経-Ⅶ

運動神経と感覚神経、副交感神経支配

運動神経:顔面筋、アブミ骨筋(中耳、アブミ骨筋神経)

感覚神経:舌前2/3(鼓索神経)

副交感神経:涙腺、鼻腔や副鼻腔及び口腔の腺分泌促進(大錐体神経)

 

★青斑核★(模試対策として覚えておこう!)

青斑核は広く脊椎動物の中枢神経に認められる橋の背側に位置する小さな神経核である。中枢神経系の中で最も多数のノルアドレナリン含有ニューロンが集合している。覚醒レベルの制御、選択的注意、ストレス、痛みの中枢性抑制、姿勢制御に関与する。

 

橋底部

内耳神経-Ⅷ

前庭神経

平衡斑

  • 卵形のうと球形のうからなる
  • 直線加速度を感知する

 

三半規管

  • 三半規管の膨大部稜により回転加速度を感知

 

蝸牛神経
  • 蝸牛神経のコルチ器(ラセン器)によって聴覚を伝える