メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。また、健康に関する情報も発信しています。

【解剖・生理学】泌尿器系(腎臓の構造や働き、膀胱の神経支配や排尿反射)とは?

 

f:id:evolution8383:20190303213513p:image

腎臓

f:id:evolution8383:20181229213817p:plain

腎臓の構造

f:id:evolution8383:20190102173316p:plain
長さ:10~12㎝

重さ:150g

高さ:右の腎臓が第1腰椎レベル、左の腎臓が第12胸椎レベル

 

腎臓は線維被膜で覆われています。

腎臓への血液は腹大動脈から約20%程度、腎動脈へ入っていきます。

 

腎臓の機能

  • 代謝産物毒素の排泄
  • 体液量の調節
  • 体液のイオン組成及び浸透圧の維持
  • 血液のpH(H)の調節
  • レニン、エリスロポエチンなどのホルモン分泌
  • 血漿組成の調節

 

腎単位(ネフロン)

f:id:evolution8383:20190102173452p:plain

腎単位は、腎小体(マルピーギ小体)尿細管からなります。

 

また腎小体は、子宮体ボーマン嚢からなり、尿細管は、近位尿細管ヘンレ係蹄遠位尿細管からなります。

 

※腎小体や近位尿細管、遠位尿細管は皮質に存在し、ヘンレ係蹄は髄質に存在しますので、覚えておきましょう。

 

流れとしては、

  1. 輸入細動脈から糸球体に入り、ボーマン嚢でろ過されます。
  2. その後、近位尿細管→ヘンレ係蹄→遠位尿細管で再吸収され、再吸収後の残った水分と物質が集合管へと集まっていきます。
  3. 集合管からは、腎乳頭→腎杯→腎盂(腎盤)と流れ尿管に入り、そして膀胱に蓄えられていきます。

 

腎盂(腎盤)と尿管は平滑筋からなり、蠕動運動によって残った水分と物質を運んでいます。

 

再吸収

  • 近位尿細管

約80%の水分・ナトリウム・カリウムを再吸収します。また、ブドウ糖グルコース)・アミノ酸・ビタミンを再吸収します。

 

  • ヘンレ係蹄や遠位尿細管、集合管

ナトリウム・カリウム・塩素が再吸収されます。

 

※ナトリウムが再吸収されると、カリウムは排泄され、また、その逆も起こりますので注意してね。

 

※糸球体で濾過された濾液は、血中グルコース濃度と同じですので間違えのないように!!

 

浸透圧利尿

浸透圧利尿とは、尿細管で大量の浸透圧物質が負荷されると、尿の浸透圧が増大し、浸透圧を下げるためにバソプレシンが亢進し、ナトリウムと水の再吸収を減少させ、尿量を増加させます。

 

リアランス

リアランスとは、腎臓が血漿中のある物質を尿中に排泄する速度のこと。

 

簡単に言うと、血中にあったものがどれだけ尿中に出たか?という値のことです。

 

膀胱

f:id:evolution8383:20190104131139p:plain


膀胱の構造

膀胱の壁は3層構造で、粘膜・筋層・漿膜(外膜)からなります。

 

膀胱は、尿道側を膀胱底、反対側を膀胱尖と言います。

 

膀胱三角

膀胱三角は、左右尿管口尿道からなります。

 

尿意・畜尿反射・排尿反射のメカニズム

Ⅰ期

尿が100~150mlまで膀胱に貯まる時期のことです。

 

尿意(Ⅰ期とⅡ期の間)

尿意は、骨盤神経(副交感神経)の求心性線維が仙髄に入り、脊髄を上行して大脳皮質で感じ取ります。

 

Ⅱ期(畜尿反射

200~400mlまでは、下腹神経(交感神経)の求心性線維が胸腰髄で畜尿反射を起こし、排尿筋が弛緩することで膀胱が弛緩します。

また、内膀胱括約筋は収縮し、尿漏れを防ぎます。

 

随意的排尿

  1. 前頭葉から橋排尿中枢へ排尿抑制を外すよう刺激されます。
  2. 橋排尿中枢(抑制)から仙髄排尿中枢が刺激されます。
  3. 仙髄排尿中枢より骨盤神経により、排尿筋が収縮し、内膀胱括約筋が弛緩します。
  4. また、陰部神経(運動神経)により、外膀胱括約筋を随意的抑制し、排尿が開始されます。
  5. さらに、横隔膜と腹筋の収縮による腹圧で排尿が促進されます。

 

これで、泌尿器はおわりです。