メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。また、健康に関する情報も発信しています。

スポンサーリンク

【解剖・生理学】消化管の1つ、胃腸の機能と働きを細かく覗いてみよう

f:id:evolution8383:20190303212029p:image

消化管とは口から食道、胃、小腸、大腸、肛門までの食べ物が通る通路のことを言います。

 

口から食道までの流れは、下記のURLで紹介していますので、参考にどうぞ。

 

今回は消化管の1つ、胃腸(胃・小腸・大腸)の機能と働きを細かく見ていきましょう。

胃の構造

f:id:evolution8383:20181227173457p:plain

  1. 噴門部は食道と胃の接合部(噴門部は、第11胸椎左側に存在)
  2. 噴門より上部を胃底といいます。また、胃底部は、横隔膜・肝臓・脾臓と接します。胃底腺には、主細胞があり、主細胞からはペプシノーゲンが分泌されます。このペプシノーゲンと胃酸と反応してペプシンとなり、たんぱく質を消化し、アミノ酸へと分解されていきます。
  3. 噴門より下部を胃体といいます
  4. 幽門部は胃と十二指腸の接合部(幽門部は、第1腰椎右側に存在)
  5. 幽門部には、幽門括約筋(幽門括約筋が発達して幽門弁を形成)があり、十二指腸からの逆流を防止します。また、幽門部は、肝臓と接します。幽門腺には、G細胞が多いです。
  6. 小弯は右側で凹を示します

 

胃の筋層(平滑筋)

胃の内側から順に3つ

  • 最内斜層筋
  • 内輪層筋
  • 外輪層筋

 

※胃は食べ物と胃液を混ぜる際、攪拌運動(かくはんうんどう)や蠕動運動を行っています。

 

胃液の分泌機序(ガストリンの働き)

大きく分けると3つ。

 

脳層

脳層では例えば、カレーを見る、食べる、想像する等による条件反射や視覚の刺激により、迷走神経を介して壁細胞に働きかけ胃酸分泌を促します。

 

また、迷走神経の刺激は、G細胞にも働きかけ、G細胞からガストリンが分泌され、胃酸分泌を促します。

 

 

胃層

食べ物が胃に入ることで、胃体が伸展(伸ばされ)し、この物理的刺激により胃液分泌が促されます。

また、化学物質やたんぱく質がガストリン分泌の刺激となり、胃液分泌を促します。

 

ここでも迷走神経を介しG細胞にも働きかけ、G細胞からガストリンが分泌され、胃酸分泌を促します。

 

 

腸層

胃から十二指腸に移動すると、十二指腸粘膜に酸や脂肪が接触すると胃酸分泌抑制物質(エンテロガストロン)が放出されます。

 

また、pHが3.0以下になると十二指腸粘膜にあるS細胞からセクレチンを分泌することで、胃の運動、胃酸分泌・ガストリン分泌を抑制します。

 

ちょっとした余談です。

空腹の状態で、アルコールを摂取すると酔いがすぐ回りますよね?

 

それは、胃で水とアルコールが吸収され、即時に肝臓で分解されるため、酔いがすぐに回るそうですよ。

 

なので、一度、食べ物を食べてからアルコール摂取することをお勧めします。

 

小腸

小腸の構造

f:id:evolution8383:20181227173519p:plain

小腸の全長はなんと6mもあります。

 

漿膜(腸間膜)

漿膜(腸間膜)は十二指腸では漿膜のみの一重構造で、

空腸・回腸は、漿膜と漿膜下組織の二重構造となっています。

 

筋層(平滑筋)

外縦層と内輪層の2つです。

 

粘膜

小腸の粘膜は、単層円柱上皮となります。

空腸や回腸には輪状ヒダが存在し、

輪状ヒダには腸絨毛(ちょうじゅうもう)が無数にあります。

 

この腸絨毛は単層円柱上皮からなる微絨毛がさらに無数に存在します。

 

輪状ヒダ+腸絨毛が最も発達している部位は空腸です。

 

これにより空腸は吸収能力が最大で回腸の7~8倍ともいわれています。

 

小腸の運動

  • 蠕動運動
  • 分節運動
  • 振子運動

 

十二指腸

長さは約25㎝。

十二指腸は、第1腰椎から第3腰椎レベルに存在しています。

 

十二指腸の粘膜は、十二指腸腺(別名:ブルンネル腺)が存在します。

 f:id:evolution8383:20181228131505p:plain

十二指腸には、大十二指腸乳頭小十二指腸乳頭が存在します。

 

大十二指腸乳頭・小十二指腸乳頭

大十二指腸乳頭には、総胆管(胆のう管と肝管からなる)と主膵管が、

小十二指腸乳頭には、副膵管がそれぞれ集まります。

 

また、大十二指腸乳頭と小十二指腸乳頭には、それぞれオッデイ括約筋が存在し、逆流を防ぐ働きをしています。

 

※総胆管や膵管は、また後日記事にいたしますので、お待ちください。

 

十二指腸と空腸の移行部を十二指腸空腸曲といい、トライツ靭帯によって支えられ彎曲しています。

 

十二指腸で吸収されるのは、鉄・カルシウム・マグネシウムがあります。

 

語呂合わせは、鉄火巻

鉄→鉄

火→カルシウム

巻→マグネシウム

 

空腸・回腸

空腸の長さは、約2.5mで、回腸の長さは、約3.5mです。

 

空腸と回腸には先ほども言った二重の腸間膜が存在します。

 

ここではブドウ糖アミノ酸、水、塩類、水溶性・脂溶性ビタミン、脂肪を約90%吸収しています。

 

または、回腸で特徴的なのが、ビタミンB12や胆汁酸の吸収です。

 

 

覚えておきましょう。

 

回盲弁

f:id:evolution8383:20181227173545p:plain

回腸には、回盲弁(別名:バウヒン弁)があり、大腸からの逆流を防ぐため、回盲括約筋が働いています。

 

大腸

f:id:evolution8383:20181227173558p:plain

大腸の全長は、約1.4mとされています。

 

大腸の運動は、蠕動運動と分節運動があります。

 

大腸は、大きく3つに分かれます。

  1. 盲腸(盲腸には、虫垂があり、ここで炎症が起きると虫垂炎となります。これを調べる検査として有名なのが、マックバーネー点です。マックバーネー点は、臍と右上前腸骨棘と結ぶ線上の右1/3と中1/3の境界点です。)
  2. 結腸上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸

※直腸の中で腸間膜を持つものは横行結腸とS状結腸のみです。

  1. 直腸(直腸には直腸膨大部や肛門管、内肛門括約筋、外肛門括約筋などあります。)

 

結腸の特徴

  1. 結腸膨起(結腸壁が袋状に膨らんだもの)
  2. 腹膜垂(脂肪組織が沈着した腹膜)
  3. 結腸ヒモ(外縦走筋<縦走平滑筋束>が3か所に局在したもの)

f:id:evolution8383:20181228131714p:plain


 以上で、胃腸の機能と働きについて終わりです。