メディカルパパ〜医療・看護学生や新人向け〜

医療・看護学生や新人向けに解剖・生理学から疾患別まで幅広く情報を提供していきます。また、健康に関する情報も発信しています。

スポンサーリンク

【解剖・生理学】上肢帯の構造と特徴(肩甲上腕関節・胸鎖関節・肩鎖関節)

更新日:2019年8月12日 

f:id:evolution8383:20190302061642p:image

肩甲上腕関節とは?

f:id:evolution8383:20181215202549j:image

肩甲骨窩と上腕骨頭からなら関節のことです。

 

形態:球関節(3軸性:前後・左右・回旋)

f:id:evolution8383:20181215202558j:image

 

運動方向:

  • 屈曲180°
  • 伸展50°
  • 外転80°
  • 内転0°
  • 内旋80°
  • 外旋60°
  • 水平外転30°
  • 水平内転135°

 

※水平外転・内転は複合的運動です。

 

関節面の大きさ

肩甲骨窩は小さく上腕骨頭は大きいため、不安定になりやすい

 

 

では、どうやって安定させているのでしょうか?

 

 

f:id:evolution8383:20181215202634j:image

このように関節唇が上腕骨頭を覆い関節を安定させています。

肩の関節唇は約3㎝あります。

 

これ以外には、靭帯が補強しています。

  • 烏口上腕靭帯(うこうじょうわんじんたい)

 

烏口上腕靭帯は、『肩のブレーキ』とも言われ、運動に対して、過剰な動きにならないよう抑制しています。

 

  • 関節上腕靭帯(上部・中部・下部)

 

上部・中部・下部は、それぞれで運動に対する過剰な動きを抑制する働きがあります。

 

後捻角??

 

f:id:evolution8383:20181215202645j:image

後捻角とは、

肘の内・外側を結ぶ線に対して肩甲骨が20~30°後方に傾いていることをいいます。

 

頸体角??

f:id:evolution8383:20181215202914p:image

頸体角とは、

上腕骨頭軸と上腕骨長軸からなります。

角度は、約130度です。

 

胸鎖関節とは?

f:id:evolution8383:20181215203634j:image

胸鎖関節は、

真ん中にある胸骨と鎖骨からなる関節のことです。

 

形態:鞍関節(あんかんせつ)(3軸性)

f:id:evolution8383:20181215203902j:image

馬に乗る鞍と同じような形をしています。

 

運動方向:

  • 挙上10㎝
  • 下制3㎝
  • 前方10㎝
  • 後退3㎝
  • 回旋30〜50度

 

胸鎖関節を跨ぐ靭帯:肋鎖靭帯、鎖骨間靭帯、前・後胸鎖靭帯

 

肩鎖関節とは?

f:id:evolution8383:20181215203634j:image

肩鎖関節とは、

鎖骨と肩甲骨肩峰(けんぽう)からなる関節のことです。

 

形態:平面関節(鎖骨と肩甲骨肩峰の間には、椎間円板が存在)

 

平面関節なのに3軸性‼️

運動方向(可動性:低):

  • 上方回旋10〜30度(棘三角が軸)
  • 下方回旋
  • 挙上
  • 下制
  • 肩甲骨内・外転

 

肩甲上腕リズム

f:id:evolution8383:20181215205259j:image

肩甲上腕リズムとは、

肩鎖関節+胸鎖関節:肩甲上腕関節=1(60度):2(120度)となります。

合わせて180度です。

 

 

あれ?

さっき、肩甲上腕関節は、屈曲180度って言ってましたよね?

 

 

これは、先ほどお伝えした補強する靭帯により、運動を抑制しています。

 

 

肩の靭帯が緩くなって角度の範囲が広くなったらどうなるのか?

 

 

それは、骨同士が衝突しやすくなり、肩を痛めやすくなります。

 

こういう風になるのをルーズショルダーや肩関節不安定症といいます。

 

なかなか難しい名前ばかりですみません。

 

【関連記事】

スポンサーリンク